暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 | 職人さんの道具について
22338
post-template-default,single,single-post,postid-22338,single-format-standard,eltd-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive

職人さんの道具について

つくり手にとって、道具はものを超えた以上の存在です。

伊勢型紙の彫り師さんは、先ずは道具の手入れの仕方から学び、それが基盤となって行きます。その為、職人さんはとても大切に道具を扱い、限界まで使い込みます。この様な価値観は世界が認める誇らしい美意識であり、日本人にとって普遍的なものです。職人さんの工房へ行く度に、ものを大切にして行こうと改めて感じます。

 

No Comments

Post a Comment