暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 | 紋典 -家紋を納めた意匠帳-
様々な家紋を納めた意匠帳を紋典と言います。紋典とは紋の統一の為に昭和7年に初版が発行された本です。紋の種類は5千種とも1万種以上とも膨大な数があるといわれており、その中の主だった紋が納められています。
暖簾,のれん,製作,制作,中むら,オーダーメイド,オリジナル,デザイン,店舗
22346
post-template-default,single,single-post,postid-22346,single-format-standard,eltd-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive

紋典 -家紋を納めた意匠帳-

様々な家紋を納めた意匠帳を紋典と言います。

紋典とは紋の統一の為に昭和7年に初版が発行された本です。紋の種類は5千種とも1万種以上とも膨大な数があるといわれており、その中の主だった紋が納められています。普遍的なデザインから、和を感じるデザインまで多様性のある紋は、新たに紋をデザインさせて頂く際のムードボードとして大いに活躍しています。

No Comments

Post a Comment