暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 | 暖簾のはじまり
暖簾の発祥は弥生時代に布をもちいて家のほこりよけにしていたものが原型であったと言われています。
暖簾,のれん,製作,制作,中むら,オーダーメイド
420
post-template-default,single,single-post,postid-420,single-format-standard,eltd-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive

暖簾のはじまり

 暖簾の発祥は弥生時代に布をもちいて家のほこりよけにしていたものが原型であったと言われています。

、その使われ方は徐々に変容していき平安時代には空間を仕切る几帳や、中間領域を区切る暖簾のようなものに移り変わっていきました。そこから鎌倉時代に禅の流入とともに、暖簾という名前が定着しました。その後、江戸時代に入り一大商業地化した江戸で、広告として一気に現代の形に進化し普及しました。

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.