暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 | オーダーメイド | 暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 - Part 7
481
archive,paged,tag,tag-481,paged-7,tag-paged-7,eltd-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive

【店舗暖簾製作事例】IRORI Hostel and Kitchen

馬喰町にオープンしたホステルのIRORI HOSTEL AND KITCHENの暖簾をお手伝いしました。 空間を布で仕切ることで客室を創るIRORI。総枚数79枚の暖簾が作る空間は柔らかで温かみのある客室になりました。海外の方にも、暖簾文化に触れてもらえたいと思います ...

0
0

のれん企画展「ゆらぎ」

 のれんの企画展を開催しました。 秋葉原にあるものづくりを発信するプラットフォームの2K540にてのれんの企画展を開催しました。会期中は暖簾の展示に加え、型染めのワークショップや糸紡ぎの体験も行いました。型染めでは伝統的な染色技法を気軽に体験できて、オリジナルのトートバックを作り、糸紡ぎは普段何気なく使っている糸が昔はとても貴重なものであったことを身を以て体験できる内容となっています。多くの方にご来場、ご参加を頂き喜んで頂くことができました。小さな活動ではありますが、ひとつづつできることを実行していきます。 ...

0
0

【暖簾製作事例】2015ミラノ万博ジャパンサローネ暖簾

 2015年のミラノ万博のコンテンツであるジャパンサローネのファサードデザインをお手伝いさせて頂きました。 クリエイティブディレクターの近衞忠大氏のディレクションのもと、テーマの「食」に絡めて塩のアート作品のインスタレーションとともに、海をモチーフにした暖簾で来場者を迎えました。スカーフなどに用いられる薄手で光沢のある生地を淡いグラデーションに染め、着物の紗合わせの様に重ねることで奥行きのある色表現となりました。イタリアの歴史ある美術館のファサードに調和する、新しい暖簾の表現です。 ...

0
0

暖簾のはじまり

 暖簾の発祥は弥生時代に布をもちいて家のほこりよけにしていたものが原型であったと言われています。 、その使われ方は徐々に変容していき平安時代には空間を仕切る几帳や、中間領域を区切る暖簾のようなものに移り変わっていきました。そこから鎌倉時代に禅の流入とともに、暖簾という名前が定着しました。その後、江戸時代に入り一大商業地化した江戸で、広告として一気に現代の形に進化し普及しました。...

0
0