暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 | NOREN
21738
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-21738,eltd-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive

暖簾<のれん>は店先や屋内を仕切る布の結界です。紋や屋号を染めて日本の商家が紡いだ歴史や名声を表す顔として用いられてきました。ふだん、あたり前に使っている暖簾ですが、風を孕んでやわらかに揺れ、向こう側の気配を感じる布の仕切りは、日本人の奥ゆかしさが育んだ文化です。暖簾に特化したブランドとしての強みを生かし、染織から素材までの多彩な手しごとを資源としたご提案や、建築・インテリアなど多角的なアプローチからの暖簾の使い方の企画・デザイン提案まで幅広く手がけています。歴史のあるお店の入り口から、空間の装飾など、暖簾のつかい方から製作までをお手伝いします。

 

<業務内容>

企画:施設・デザイン・地域に最適な染色技法や素材のご提案。

デザイン:暖簾の形状・紋やグラフィックデザイン。

製作:取付方法や部材のご提案及び製作のマネジメント。

Noren are fabric dividers placed in storefronts and indoors as borders.  Often marked with family emblems or shop names, they have long served to represent the history and prestige of the business establishments that they adorn.Noren are an every day item.  Yet these fabrics, blowing gently in the wind providing a glimpse of some presence on the other side, are expressions of a unique culture shaped by the subtle modesty of Japanese people.