暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 | Home Default
19843
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-19843,eltd-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive
【暖簾製作事例】2015ミラノ万博ジャパンサローネ暖簾
Milanoexpo-2015
In Facade
オーダーメイド巾着
In Goods
【暖簾製作事例】日本橋三井タワー Tokyo2020
オリンピック・パラリンピック暖簾
In Facade
【暖簾製作事例】虎屋菓寮・伊勢丹新宿店
Toraya Karyo
In Interior
【暖簾製作事例】龍名館 御茶の水本店
Ryumeikan
In Facade
【暖簾製作事例】ほうとう不動・東恋路店 大暖簾
Hotohudo
In Facade
【暖簾製作実績】慈慈の邸 暖簾
Jiji’s house
In Facade
NOREN exhibition “Yura yura”
In Exhibition

現代の悉皆屋(しっかいや)

中むらは1923年から2006年まで東京・神田で着物の染めや洗い張り、誂え(あつらえ)等を請負う悉皆屋を営んでいました。悉皆屋とは、着物や布地の分業制の工程を取り仕切る職人のコーディネーターの様なお仕事です。

2014年からは新たに、伝統技法から現代の技法までの様々な手仕事をコーディネートする現代の悉皆屋として、多様性のある染織技法を資源に、オーダーメイドで繊維製品の企画・デザイン・製作を提供しています。

中むらは「伝え手」として、作り手と使い手を繋ぎ、新たな関係性や市場をつくることを目指して活動をしています。

A Modern-Day Shikkaiya

NAKAMURA prides its heritage of being a shikkaiya since 1923.  The role of this traditional profession that started in the Edo Period was to serve as an intermediary among craftspeople working in the various stages of kimono making.  Today, we at NAKAMURA tap into the wealth of Japanese dyeing techniques – traditional to contemporary – and offer solutions to our customers as a “modern-day shikkaiya”.   Whether it is partitioning space, decorating with fabrics, creating products for brand enhancement, or introducing new alternatives for unique, custom-made fabrics, NAKAMURA provides a one-stop solution from the planning stage to designing and manufacturing.

Order Flow