暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 | 染色技法-手捺染-
現代のプリント技術の原型である手捺染。江戸時代には和紙を漆で貼り合わせ、燻して強度を持たせた伊勢型紙を染め型にしていました。
中むら,暖簾,のれん,製作,制作,デザイン,オーダーメイド,東京,店舗,オリジナル
22289
post-template-default,single,single-post,postid-22289,single-format-standard,eltd-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive

染色技法-手捺染-

現代のプリント技術の原型である手捺染。

江戸時代には和紙を漆で貼り合わせ、燻して強度を持たせた伊勢型紙を染め型にしていました。現代では、スクリーンと呼ばれる機械で切り抜いた型を用いることが多くなりましたが、染色は職人さんの手仕事で行われています。微妙な力加減やその日の気候に合わせた色糊づくりなど、シンプルながら熟練の技術が詰まっています。

No Comments

Post a Comment