暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 | Blog Masonry
18965
paged,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-18965,page-child,parent-pageid-1815,paged-6,page-paged-6,eltd-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive

DOTDOT-Hiki-zome

シンガポールの建築デザイン事務所のMinistry of Desginと共創したDOTDOYの引き染めverです。 日本の手染めの素晴らしさを伝えるデザインのDOTDOT。コンセプトはプロセスの可視化です。引き染めは伸子という木で生地を空中に張り染めて行く技法で、非常に美しいグラデーション表現が可能です。今回はその引き染めのグラデーションを4回重ねるという非常に技術難易度が高く工程の多い技法で挑戦しました。染め→洗い→蒸しという工程を4回繰り返し、その際の色のぶつかりもある程度計算しながら染めるのは熟練の技です。しかし、その中も手仕事故の成り行きがあり、黄色のつくの様なDOTの中に色のぶつかりが生じると、それは月の影の様になりました。手仕事ならではの優しい表現です。 ...

DOTDOT – Indigo

シンガポールの建築デザイン事務所のMinistry of Desginと共創したDOTDOYの藍染めverです。 日本の手染めの素晴らしさを伝えるデザインのDOTDOT。コンセプトはプロセスの可視化です。今回の藍染めは両面に糊をおく非常に技術の難易度が高い技法で挑戦しました。両面に糊をおくのでその加減は非常に繊細で片面毎で止まる(浸透しない)様にするには糊の配合やヘラの力加減など多くの技術を必要とします。今回は、更にその両面糊おきを2回行い4層の色の濃淡を表現しました。微妙に色が変わるDOTは奥行きのある表情となりました。 ...

KYOproject 2ndyear exhibition in Hong Kong

中むらが参画しているシンガポールデザイナーとの共同プロジェクトの2年目の展示会を香港で開催しました。 2年目の取組は初年度に製作したDOTDOTの別技法を製作し、染色の多様性を伝えようというものです。技法は初年度の和更紗に引き続き、藍染め・引き染めにて製作をしました。また、生地の風合いも綿ピッケという薄手の生地にすることで光が透過した際の美しさを訴求しました。こちらは、摺りで片面を染める和更紗と違い、2年目の藍染めの浸染と引き染めは染色が裏まで浸透するからです。各々個性がある作品に仕上がり、これらをきっかけに日本の染色を提案したいと思います。 ...

暖簾(のれん)の中むら・イメージビデオ

中むらのものづくりのリソースを納めたイメージビデオです。 中むらと暖簾づくりの活動をともにする職人は個人のユニークな技術を持った染め職人・染織作家などから、職人の道具をつくる職人、中規模の染色工場まで多岐に渡っています。伝統と現代、どちらにもその良さがあり、それらの多様性を総合的に提案することが技術の新たな販路を創造することに繋がると考えています。また、それらの技術や素材の特性を知り、職人と同じ方向を向いてものづくりをするディレクターが必要であり、中むらはそのような存在になれることを目指して活動をしています。   https://vimeo.com/207729855...

伊勢型紙職人手記

職人の世界に足を踏み入れたのは50年くらい前の20歳の頃になるなあ。 当時、車関係の会社に勤めていたんやけど、上手く行かんで悩んどったときに伊勢型紙と出会ったんやわ。地元のもんやで、知っとったけどそれまで興味はなかったなあ。友達が彫り師をしてて試しに彫ってみたら、これが意外と上手に彫れてえらい褒められてなあ、それで職人の道を歩むことに決めたんやわ。 それから紹介してもらった親方に師事したんやけど昔堅気な厳しい方でなあ、最初は小刀を握らせてもらえず、毎日道具の手入ればかりやったわ。指は切れるしはじめは辛かったけど、1年くらい基礎を繰り返しとったらようやく小刀を握らせてもらえてなあ。嬉しかったわ。 それから2年くらいで全部の工程を任せてもらえる様になったんやけど、進むたびに壁が現れてなあ、いくつもの壁を自分で越えなならんくて、隙を見て親方の仕事をこっそり覗いてなんとか壁を乗り越えてきたんやわ。 それから3年後に独立してから、本当にありがたいことに今でも職人をやらせてもらっとるけど、小刀を研いで、図案を写して、型を彫って、、、今でも仕事の流れは何一つ変わっとらんな。職人はみんな揃えて言うけど、わしも完璧なものは今まで一度も彫れとらんわ。綺麗に彫れたなあと思っても、やっぱりどこか粗が気になってしまうんやわ。一生修行やな。 今でこそ減ったけど、昔早い時は午前3時から仕事に取り掛かっとったけど、今まで仕事を苦しいと思ったことは一度もないなあ。今でもこの仕事が大好きだし、面白いし、一生ものの仕事に出会えたのは幸せやな。 まだまだ職人は元気だから、いい作品を作って、それが売れて、業界が潤って、後継者への道が残せたら最高やな。 ...

布の大切さ

機械生産のない時代、布は大変貴重なものでした。 いまでは当たり前の綿生地も綿(わた)を撚って一本の糸にし、無数の糸を手で織り、生地にしていました。その為、服は破れては継ぎ接ぎをしながら大切に着られており、最後は雑巾になるまで大切に使われていました。その中で刺し子という文化も生まれ、そこからも技術が派生して進化して伝統工芸にもなりました。この様な、最後までものを大切にする「もったいない(mottainai)」という価値観は世界に認められている日本が古来より継承してきた誇るべき文化です。 ...