暖簾(のれん)中むら|東京で暖簾の企画・デザイン・オーダーメイド製作 | 現代ののれん分け-昭和〜平成
戦前から日本では小売業界にはいまに言うチェーン店が始まっていました。戦後にはアメリカの経営技術や組織形成が導入され、多様なチェーンへと広がっていきました。
暖簾,のれん,製作,制作,中むら,オーダーメイド,東京,店舗,オリジナル,デザイン
22286
post-template-default,single,single-post,postid-22286,single-format-standard,eltd-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12.1,vc_responsive

現代ののれん分け-昭和〜平成

戦前から日本では小売業界にはいまに言うチェーン店が始まっていました。

戦後にはアメリカの経営技術や組織形成が導入され、多様なチェーンへと広がっていきました。大正までののれん分けと昨今の欧米導入型のチェーンは構想や形態は異なりますが、共通していることは主家が相手のことを認めて連鎖している点や、古来は家定と誓約で別家を認めたものが契約を基盤とした営業参加になった点であり、現在の日本の小売チェーンはのれん分けが基になっていると考えられています。この一番最小のルーツが布であり、屋外広告物の暖簾であったことは非常に興味深いです。

No Comments

Post a Comment